婚活サービス比較

【2021年最新】IBJ連盟とコネクトシップを徹底比較してみた!

IBJ連盟かコネクトシップ、

どっちの連盟の相談所で婚活をする方がいいのかしら・・・

婚活を真剣に考えている方の中には、IBJ連盟とコネクトシップはよく比べられることの多い連盟同士にはなるのでどちらがいいのか悩んでいる方も多いかもしれませんね。

ここでは、IBJ連盟とコネクトシップの違いを比較しながらどちらを利用するべきなのかまとめてみました。

IBJ連盟とコネクトシップの違いをあらゆる面から徹底比較してみました!

まずは、IBJ連盟とコネクトシップそれぞれの違いや様々な角度から比較してみた結果を見ていきましょう。

運営会社の違い

日本結婚相談所連盟

  • 株式会社IBJ
  • 設立:2006年
  • 住所:東京都新宿区西新宿1-23-7  新宿ファーストウエスト 12F

コネクトシップ

  • タメニー株式会社(旧:株式会社パートナーエージェント)
  • 設立:2006年
  • 住所:東京都品川区大崎1-20-3 イマス大崎ビル4 階

どちらも2006年に設立となっています。

会員数の違い・お見合い成立件数・事業者数・成婚者数を比較

IBJ連盟コネクトシップ
会員数72,918人52,000人
月間お見合い成立件数43,334件27,370件
年間成婚者数12,249人4,295人
加盟相談所数2,551社13社

2020年9月に調べたところ、どの項目をとってみても、IBJ連盟の方が圧勝というところでした。

IBJ連盟は日本で最も会員数を抱える連盟になるので、コネクトシップと比較をしても2倍以上の差があります。お見合い成立件数や加盟相談所数も桁違いでIBJ連盟の方が多くなっています。

毎月平均で約3,700名新規会員が入会しているのがIBJ連盟なので、その会員数増加の勢いには他の連盟が追随できません。

ただし、IBJ連盟に加盟している相談所の中には、大手相談所もあれば、本当に個人の方がこじんまりと運営している小規模な相談所まで含まれています。

大手どころで、IBJ連盟直営店として運営されているのが下記の3つです。

  • IBJメンバーズ
  • ツヴァイ
  • サンマリエ

といったところが有名どころになり、ほとんどが小規模なところは名前も知られていないような個人運営されている相談所です。

一方、コネクトシップは13社になるのですが、下記のとおりです。

  • パートナーエージェント
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • エン婚活エージェント
  • ノッツェ
  • マリックス
  • 官公庁マリッジ
  • Kマリアージュ
  • 株式会社日本仲人連盟
  • 一般社団法人日本結婚相談協会
  • 株式会社全国仲人連合会
  • スマリッジ(2020年8月加盟スタート)
  • ペアーズエンゲージ
  • 結婚成立所デジツウ

最近になってオンライン完結型の結婚相談所「スマリッジ」「ペアーズエンゲージ」も加わり13の利用事業者になり、相互間で会員の紹介が可能になりました。

この中でもパートナーエージェントは、電車内の広告などを出していることが多く知名度としては高いところですね。

利用事業者数でみても圧倒的にIBJ連盟が多いことからも、それだけ会員数を獲得できているというところの現われでもあるでしょう。

結論:IBJ連盟がおすすめできる4つのポイント

ということで、IBJ連盟の相談所がコネクトシップの相談所かどちらで婚活するか迷ったら、当サイト「さら婚」がおすすめするのはやはりIBJ連盟(日本結婚相談所連盟)です。

IBJ連盟をおすすめする理由

  1. 新規会員数が多い…毎月平均で約3,700名新規会員が入会
  2. 会員の質も高い
  3. 最新のAIも導入されている
  4. 加盟店の中でも安い相談所を探せばお得!

活発に動いている新規会員が多い

前述もしたとおり、IBJ連盟は会員数がとにかく多く、加盟店舗も桁違いに多いことからも新規で入ってくる会員も多くなります。

結婚相談所は会員数も大事ですが、あなたが入会した時点でどれだけ活発に動いている新規会員がいるのかということも大切です。

そう考えると、毎月平均で約3,700名新規会員が入会しているIBJ連盟を選ぶ方が、それだけ多くの人の中から自分に合った人を絞り込むことができるようになります。

コネクトシップとIBJ連盟のどちらで活動するかを悩んでいるなら、事業者数も最も多く常に新しい会員が次々に入ってくるIBJ連盟を選んでおいて損はないでしょう。

男性会員の収入が高い人が多い

さらに、結婚相談所連盟の中でも学歴や年収といったところを見ても、他の連盟と比べても質が高いのがIBJ連盟です。

参照元:https://www.ibjapan.com/check/

国税庁が出している全国の平均年収は、420万(平成27年)ですが、IBJ連盟の場合は、男性会員のボリュームゾーンが500~699万円の層になっています。

男性会員の年収が高い人が多く在籍していて、会員の質も高いことが分かります。

最新のAI(人工知能)マッチングが導入されている!

IBJ連盟では、AI looks(エーアイ ルックス)とAI history(エーアイ ヒストリー)と呼ばれる2つのAIマッチングを導入してマッチング率を高めています。

AI looksは、あなたの好みの顔を学習、分析して仲人へマッチング率の高いお相手を紹介したり、AI historyを通して、過去のお見合いや会員の活動履歴から相性の合う相手を精査して紹介してくれるというものです。

こうした最新のAIが導入されているのもIBJ連盟だけです。

IBJ連盟の中でも安いところはある

ただ、IBJ連盟の結婚相談所の中には、傘下の「IBJメンバーズ」という結婚相談所があるのですが、手厚いサポートをウリにしていて相談所業界でもかなり料金は高めです。

そのイメージからか、「IBJ連盟の加盟店=料金が高い」といった見方をされることがあります。

2,500社以上の加盟店からなるIBJ連盟の中には、こうした料金が高いところも結構あるので、IBJ連盟の相談所は料金が高くて手が届かないといって最初から諦める方も多いのです。

一部の婚活系のサイトでは、コネクトシップの相談所を利用する方が、安く婚活ができると推しているところもあるのですが、実はIBJ連盟の相談所でも料金が安いところはあります。

IBJ連盟に加盟していれば、どこの加盟店で活動しても会員自体に変わりはありません。

変わるのは、サービス内容だったり料金だけになるので、料金ができるだけ安いところの方がいいと思う方は一度探してみるといいでしょう。

IBJ連盟の中でもおすすめできる結婚相談所の特徴、初期費用、半年間の費用をまとめてみました。

IBJメンバーズサンマリエツヴァイ
店舗数12店舗12店舗 サテライト49か所50店舗 サテライト6か所
特徴成婚率50,8% 仲人型+検索専任の仲人型データマッチング
初期費用16.5万~40.9万円9.4万円~25万円9.8万円
半年間の費用約28.4万円約29.3万円約20.8万円

IBJメンバーズとサンマリエは、仲人型結婚相談所で手厚いサポートがウリになるので、料金的には高めです。

上記の中でもツヴァイを選べば、リーズナブルに活動することができることができます。

しかも、ツヴァイはもともとIBJの直営店ではなかったのですが、2020年にIBJの傘下に入ったことで、純会員数+日本結婚相談所連盟の会員数とあわせて業界最大級の9万人を超えています。

会員数が多く費用もリーズナブルというところで、当サイトでも一番注目したい結婚相談所になっています。

 

4か月で成婚退会する人多数!

ツヴァイは創立35周年を迎える老舗の結婚相談所で、成婚退会までの活動期間で最も多いのは4か月で退会する人たちです。1日あたり平均すると14人の人が成婚退会しているので、あなたももしかするとその一人になれる可能性もありますよ。

>>>ツヴァイで無料マッチング体験をしてもら

 

手厚いサポートで成婚率が高い!

3か月以内のお見合い実施率96.2%、3か月以内の交際率87.4%と結果も出している結婚相談所です。専任のカウンセラーがしっかりとあなたと二人三脚で婚活を進めてくれるので、成婚率も50.8%と非常に高い数字を誇っています。活動を始めて6か月以内に成婚していく方が多くなっていますよ。

>>>IBJメンバーズで無料相談をしてみる

専任のカウンセラーが徹底サポート

サンマリエなら専任のカウンセラーがあなたについてくれます。そのおかげで、1年以内の成婚率はなんと94,4%という驚異的な数字です。老舗の結婚相談所だからこそ経験とノウハウを活かしたカウンセリングであなたの婚活をサポートしてもらえます。

>>>サンマリエで無料相談してみる