婚活サービス比較

naco-do(ナコード)とスマリッジの違いを徹底比較!

naco-do(ナコード)とスマリッジ、どちらもオンライン完結型の結婚相談所でよく似ていますよね。

でも、どう違うの?どちらを利用するべき?といろいろと疑問が出てきて当然です。

ここでは、naco-do(ナコード)とスマリッジをそれぞれの違いについて見ていきましょう。

naco-do(ナコード)とスマリッジ5つの違い

naco-do(ナコード)とスマリッジは似ているようで、次の5つの点で違いがあります。

会員数・会員の年齢幅が広いのはnaco-do(ナコード)

それぞれの会員数は次のとおりです。

スマリッジ=31,434名

  • コネクトシップ・JBA

naco-do(ナコード)=総規模会員数12万1000人以上

  • コネクトシップ・JBA
  • R-net

スマリッジは約3万人ほどですが、naco-do(ナコード)の場合はコネクトシップ・JBA・Rnetに連盟に加盟しているので総規模会員数が12万人以上になります。

会員数で見ると圧倒的に多くなるのがnaco-do(ナコード)です。

万が一、コネクトシップで相手が見つからなかったとしても、追加費用はかかりますが他の連盟でお相手を探すといったこともできるので、いろいろと相談所を渡り歩く必要がありません。

また、複数連盟に加盟していることで、会員の年齢層も広げることができます。

  • コネクトシップ(20代~30代がメイン)
  • JBA(30代~50代と幅が広い)
  • R-net(20代~50代と幅が広い)

コネクトシップは20代~30代の人がメインで活動しているのですが、R-netも追加することで年齢層が高めな人にもと幅を広げることもできるようになります。

毎月の紹介人数が多いのはnaco-do(ナコード)

それぞれデータマッチングで自分の条件に合った人とのお相手紹介もしてもらえるのですが、毎月の紹介人数で比較をしてみました。

スマリッジ…最大6名/月

naco-do(ナコード)…6名~最大30名/月

スマリッジは毎月最大6名までの紹介になりますが、naco-do(ナコード)の場合は6名~最大30名までとマッチング幅が大きくなっています。

スマリッジでも必要があれば、追加費用2,200円で紹介人数をアップさせ毎月最大8名までの紹介は可能にはなりますが、紹介でより多くの紹介が受けられるのはnaco-do(ナコード)になっていますね。

カウンセラーとの相談方法の違い

どちらも専任のカウンセラーがついて相談することが可能です。

ただし、相談方法が異なります。

スマリッジ…メール・チャット

naco-do(ナコード)…オンライン面談・チャット

スマリッジの場合は、基本的にはメールとチャットのみですが、naco-do(ナコード)では、オンライン面談にも対応しています。

オンライン面談であれば、専任カウンセラーの顔を見て相談することができるので、より安心感があると言えるのではないでしょうか。

ただし、スマリッジでは、追加費用8,800円/50分 を支払うことでカウンセラーとのオンライン面段には対応してもらうことはできます。

naco-do(ナコード)はお見合い時のサポートがより手厚い

スマリッジでは、お見合い成立後は日程の調整はシステム内のマイページで設定が可能ですが、naco-do(ナコード)の場合は、初回のお見合いの場合、カウンセラーが日程やお店の場所までセッティングしてくれます。

始めてのお見合い時には、何をどうすればいいのか不安…なのは当たり前なので、初めての方にとってはより安心できるのはnaco-do(ナコード)になっていますね。

一度でもどのようにお見合いをするのかが変われば、次回以降は自分でも日程や場所のセッティングもしやすくなりますよ。

料金面での比較

スマリッジとnaco-do(ナコード)の料金表はこちらです。

スマリッジnaco-do(ナコード)
入会金・登録料6,600円0円
月会費9,900円月額9,800円(1か月プラン)

月額6,980円(6か月プラン)

マッチング手数料0円毎月1件無料(2件目以降は1,000円/件)
成婚料0円基本0円(相手の所属連盟によって異なる場合あり)
年間活動費125,400円83,760円

どちらもコスパのいい結婚相談所になりますが、1年間活動をしたと考えるとnaco-do(ナコード)の方がより活動費が安くなることが分かりました。

ただし、naco-do(ナコード)の場合、マッチング手数料が毎月1件は無料ですが、2件目以降は1,000円がかかってきます。

また、成婚料は基本的に無料ですが、naco-do(ナコード)では、お相手の所属連盟によっては成婚料がかかります。

とはいえ、トータルで考えたとしてもnaco-do(ナコード)はコスパがかなり良いので安く活動したいという人にはおすすめできますね。

ちなみに、naco-do(ナコード)の場合は、この中に独身証明書の取得サポートも含まれています。

naco-do(ナコード)とスマリッジどちらを選ぶべき?

naco-do(ナコード)もスマリッジもどちらもコスパがよく良い結婚相談所であることに間違いはないですが、

  • 会員数
  • カウンセラーなどのサポートの面
  • 紹介人数の多さ
  • 料金

といったところから考えると、naco-do(ナコード)がおすすめできます。

naco-do(ナコード)

スマリッジ