キャリ婚

キャリ婚の退会方法は?入会・退会前の確認ポイント

キャリ婚の退会方法が知りたい!

という方も多いですよね。

キャリ婚に関わらず、婚活サイトに登録をしたからといって、100%出会いがあり、結婚相手が見つかると保証されているわけではありません。

だからこそ、退会を考えている方も、これから登録をする人も事前に退会方法について知っておくことは婚活に集中する上でも大切です。

キャリ婚の退会方法は簡単!女性有料会員はやり方が違う!

退会方法

女性有料会員以外の方は、下記のとおり退会ができます。

  1. 下記のお問い合わせフォームから、「退会希望」を選択します。
  2. 「氏名」「メールアドレス」「ユーザー名」を入力して送信
  3. キャリ婚から届いたメール内にあるリンクから退会処理

これだけで完了です。

お問い合わせ

注意点としては、メールアドレスにdocomo、au、softbankなどの携帯のメールアドレスを登録した場合、キャリ婚からのメールを受信できない場合があります。

お問い合わせ送信をする前に、「@ninoya.co.jp」のドメインを受信できるように予め設定しておきましょう。

女性有料会員の退会方法

女性有料会員の場合は、事前に決済の停止を行った上で上記の退会処理が必要となります。

クレジットカードかペイパルかの決済方法でやり方が異なります。

決済がクレジットカードの場合

  1. 定期支払停止の画面で「キャリ婚」にチェック
  2. 定期支払停止をクリック

 

ペイパル決済の場合

  1. 設定→支払い→自動支払いへ進み「株式会社ninoya」をクリック
  2. ステータスをキャンセル
  3. 「自働支払いをキャンセル」をクリック
  4. 完了をクリック

コースの期間がもうすぐ終了するからといって、この退会処理をしていないと自動的に契約が更新されてしまいます。

コース期間が終了すると、1か月ごとに12,100円/月(税込)の自動更新になります。

自働更新されてかかった料金は、どのような場合も返金されないので、忘れずに期間内に退会処理をしておきましょう。

【公式サイト】キャリ婚

キャリ婚を退会する前に確認しておきたいポイント

キャリ婚活を退会する前に確認しておきたいポイントは次の2点です。

退会するとアカウントの復元は不可能に

キャリ婚を退会してしまうと、登録したプロフィールや履歴などはすべてアカウントごと削除されます。

再登録をしたとしても、アカウントを復元することはできないので、本当にもうキャリ婚での婚活は必要ないかどうかを考えて退会しましょう。

今後、キャリ婚での活動の再開の可能性があるという場合には、「アカウント停止」を選択すれば、あなたのアカウント情報だけを残し、プロフィールを非公開することもできます。

お相手条件を途中で変更してみることも必要

キャリ婚を通してカップルになった人のレポートを公式サイトから読むことができるのですが、その中で、途中で相手に求める条件を臨機応変に途中で変更している人も多いです。

どんな人であれば幸せに過ごせるかを考えなおして、それにあわせて、プロフィールや検索条件を改めたのちに出会うというパターンもあります。

退会する前に、条件範囲を広げてみたり、プロフィールを変更してみたり、いろいろと試してみてからの退会でも遅くはありません。

キャリ婚を退会した後はどうする?

キャリ婚を退会したとしても、まだ結婚相手が見つかっていない場合は引き続き婚活を継続していく必要があります。

キャリ婚は、男性が無料で登録・利用ができるという利点がありますが、事前に男性会員を電話面談などを通して、共働き思考があり、独身で結婚を意識している人かどうかを確認しています。

そのため、女性会員にとってみれば非常に安心してお相手選びができますが、ただ、その分、登録にあたってハードルが上がるため男性会員は少なめです。(2022年7月時点でで全体の会員数は約1万人)

キャリ婚でお相手が見つからなかった場合は、会員数が多く独身証明書の提出が必須の結婚相談所を利用するのがおすすめです。

 

会員数は30,166名(男性14,743名:女性15,423)で、他の相談所と比較をしても10分の1程度の初期費用で済みます。

店舗を持たないオンライン完結型だからこそ、登録料9,800円(税込10,780円)、月会費12,000円(税込14,300円)で活動がはじめられ、お見合い料、成婚料、解約料もかかりません。

万が一3か月以内に出会いがなければ、登録料と3か月分の月会費が返金されるという全額返金保証もついているので、本当に出会いがなかったらどうしよう…といった方にも始めやすくなっています。

<公式サイト>エン婚活エージェントを見てみる