大手企業

電通の社員と出会い・結婚するには?結婚相手に実際に聞いてみた!

電通で働く人と出会って結婚したい!という女性も多いのではないでしょうか。

電通社員の平均年収は、1200万円以上で日本企業の中でもトップレベルに収入が高くなる企業の1つと言われています。

新卒であっても、年収は600万円を超える人もいるほどで、給料水準の高さは他の企業には負けません。

そんな電通で働く男性を夫に持つ方に、実際の結婚後の生活についてや、出会いから結婚までの馴れ初め、電通社員との出会い方など伺ってみました。

この記事を書いた人

約2年の交際を経て、30歳で電通社員の夫と結婚。1男1女をもうけて専業主婦として家庭を支えている。

電通で働くご主人との結婚生活は実際どうなの?

結婚生活は、結婚と同時に子供を出産したので、中心は子育てという感覚ですね。

夫の帰りはいつも遅いですし、平日は基本的にワンオペ育児になることも多く、土日もゴルフなどの付き合いで出かけていくことも多いので本当に大変です笑

接待や付き合いの飲み会も多いですし午前様になることもよくありますが、そこは目をつぶっています。

私以上に、本人が一番大変じゃないのかな?と思うところはありますね。

私は子供がいるのでお世話で明け暮れていますが、心配症な方であれば不安は絶えないかもしれません。

でも、電通って激務で大変でしょ?と周りからも言われることが多いのですが、最近は、働き方改革が徐々にですが浸透してきているので、以前に比べても残業はできなくなってきています。

だから、前に比べれば割と家にいることも増えてきましたね。

有給なんかはしっかりともらえるので、やはりそこは大手企業だと思いますし、給料や福利厚生面でもやはり恵まれていると思っています。

休みの日には家族で旅行に出かけることも多いので、家族を顧みないで働くといったことまではありません。

夫の不満をあげるとすれば、車が好きですぐに車を売って新しいのに買い換えたいと言い出すところですね。

結婚していから既に3回も乗り換えてきているのですが勘弁してほしいです。

電通で働くご主人の年収はぶっちゃけどれくらい?

夫は現在40代ですが、年収としては1300万円くらいですね。

30代で既に1000万円の大台はこえていたので、やはり収入面では高く生活に困るということはありません。

年に一度くらいは海外旅行にも出かけていったりしています。

マイルを使っているのでそこまで、かけているのは、食費とホテル代くらいではありますが…。

電通で働くご主人との出会いから結婚までの馴れ初めは?

私が主人と出会ったのは、友人が開いたホームパーティーでの出会いでした。

なんだか体育会系のノリのよさそうで勢いがある人がいるなぁという感じだったのですが、そこから、食事に誘われるようになり何度かデートを重ねて交際にいたりました。

正直、電通の人って遊んでいるというイメージしかなくて、最初はただ遊び目的なんでしょ?という思いが自分の中からぬぐい切れなかったんですが笑

付き合ってみると意外と真面目で、長年の交際を経てプロポーズを受けて結婚することになりました。

電通のような高収入男性と出会い結婚するには?

私はたまたま友人が開いたホームパーティーに参加したことがきっかけでした。

周りの友人からの誘いは、ちょっと乗り気がしなくても積極的に参加してみるのがいいと思います。

そこでいい人がいなくても、そこで出会った男性と仲良くなるだけで、その人からの紹介を受けられたりといったこともあるので、ご縁はどんな人とも大切にした方がいいかもしれません。

私の周りの友人でも多いのですが、30代にもなってくると、そういった誘いももう既になくなってきたという人も多いですよね。

私の夫に聞いてみたところ、最近の20代や30代の若い男の子たちは、合コンに行くよりも婚活アプリを使って女の子と出会っているという人も多いんだそうです。

時代だな…という印象はありますが、婚活アプリも1つの手段として使ってみると出会いは広がるのではないでしょうか。

無料でお相手診断してもらえる!楽天オーネット結婚チャンステスト

楽天オーネットは業界最大級の会員数50,041名(男性28,381名 女性21,660名)を誇る結婚相談所です。

結婚したい理想の相手の条件やあなた自身のことを入力すれば、あなたにぴったりのお相手を無料で診断してもらうことができますよ。

あくまでも無料診断テストなので入会申し込みではなく、費用がかかるようなことは一切ありません。

結婚に焦りがあるという方や理想の相手が結婚相談所で見つかるのか実際に試してみたいという方は無料診断を受けてみてくださいね。

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

無料結婚チャンステストを受けてみる