婚活サービス比較

バチェラーデートVS東カレデート徹底比較!どっち使うべき?

男女共にハイスペックなワンランク上の人と出会える「バチェラーデート」と「東カレデート」。

どちらもハイスペックな人と出会える人気のマッチングサービスですが、どちらがどう違うのかよく分からない方も多いですよね。

ここでは、バチェラーデートと東カレデートの特徴をご紹介しながら、両者を徹底比較してみました。

あなたが使うべきマッチングサービスはどちらなのか見ていきましょう。

バチェラーデートと東カレデートを比較してみた!

バチェラーデート東カレデート
会員数非公開約3万人
年齢20歳以上で真剣にパートナーを探している方18歳以上(高校生は除く)
対象エリア東京・大阪・名古屋・静岡・福岡・札幌全国
料金女性:完全無料 男性:有料お手軽プラン: 9,800円/月6,500円/月
審査審査あり審査あり

男性のスペックが高いのは東カレデート

バチェラーデートも東カレンダーも男女共に、他のマッチングアプリと比べても高いです。

バチェラーデートの男性スペック

  • 年収800万以上…71%
  • 年収1000万以上…42%

東カレカレンダーの男性スペック

  • 大卒者の割合…92%以上
  • 年収750万以上…80%
  • 年収1000万以上…45%

上記は公式サイトで両者が出している数字になりますが、年収1000万以上の層も多いですよね。

東カレンダーの方が年収の高い人の割合がより高く、さらには、学歴で大卒者の割合も出していることからも、よりハイスペックな男性と出会えるのは東カレデートになっています。

20代前半の女性が多いのはバチェラーデート

バチェラーデートの女性の年齢層で見てみると次のようになります。

バチェラーデートの女性の年齢層

  • 20代前半…29.8%
  • 20代後半…30.4%
  • 30代前半…28.4%
  • 30代後半…11.4%

東カレデートの女性の年齢層

  • 20代前半…15%
  • 20代後半…41%
  • 30代前半…27%
  • 30代後半…13%

どちらも20代と30代の女性が中心になっていて、30代の利用者の割合はほぼ同じです。

20代でみると、20代前半の女性が多いのはバチェラーデートで、20代後半の女性が多いのは東カレデートになっていると言えるでしょう。

審査基準がより厳しいのは東カレデート

バチェラーデートも東カレデートもどちらも登録にあたって審査がありますが、審査がより厳しいのは東カレデートです。

バチェラーデートは、登録時の運営側の審査とデートに二回参加した後の相手からの評価による二段階審査となりますが、運営側が基本的には決めるるのでそこまで審査基準が高すぎるということはありません。

一方、東カレデートの場合、最初に、既存会員が異性の新規会員に対して登録がOKかNGかを判断します。

写真、職業、年収、年齢の4つから、入会がOKかどうか一定数以上の異性からもらえれば第一審査通過となります。

その後、運営側がハイスペックかという視点で審査をしてOKであれば、最終的に合格となります。

東カレデートの方が、最初の段階で既存会員に登録OKかどうかがゆだねられているという意味でも、審査基準がより厳しいのは東カレデートと言えるでしょう。

AIが自動的に相手を選ぶ or 自分で相手を選ぶ

バチェラーデートの場合、相手への希望条件など登録をした後にデート希望日を入力すれば、あなたの希望に合った人をAIが自動的に選んでデートを確定してくれます。

いいねをする相手を探したり、デートを取り付けるまでにメッセージのやり取りをしたりということが必要ありません。

また、デートが決まった後に相手の簡単なプロフィールは見れますが、デートをするその瞬間までどんな顔の相手が来るのかは知ることはできません。

一方、東カレデートの場合は、登録時に顔写真を使って登録する上、異性のプロフィール上ですべての異性の顔写真を見ることができます。

自分でいいね!をして相手を選ぶことができるのが東カレデートです。

バチェラーデートは、AIが自動的にデート相手を選び、東カレデートは、自分で相手の顔写真を選ぶかどうかというところで大きな違いがあります。

客観的な自分の評価が分かるのはバチェラーデート

バチェラーデートは、デートをした後、お互いにデートの評価を行います。

評価を行うことによって、AIが自動的にあなたの好みを学習し、次のデート相手に活かしてくれるので、デートを重ねれば重ねるほど希望に近い人に出会えるのがバチェラーデートです。

また、評価がたまると、AIがあなた宛てに評価レポートをまとめてくれ、

  • 身だしなみ
  • 振る舞い
  • 会話

から5段階評価でいいところや改善すべきところなども教えてくれます。

客観的な自分への評価が分かるマッチングアプリはあまりないので、バチェラーデートの他にはない特徴ともいえるでしょう。

料金面での違いについて

料金はバチェラーデートがお手軽プランで9,800円/月、東カレデートは6,500円/月かかりましう。

バチェラーデートでは、女性は完全に無料で利用することができます。

一方、東カレデートの場合、異性とのメッセージのやりとりをする場合、男性か女性かのどちらかが有料会員である必要があり、片方が有料会員であれば、もう片方は無料でやり取りができます。

ほとんどのケースで、男性会員が有料会員になっていて、女性は無料会員のままということが多いのも特徴ですね。

バチェラーデートの方が料金は高いですが、自動的に希望した日にデートをAIに組んでもらえるということを考えるとコスパ的にはいいですね。

バチェラーデートと東カレデートどっちを使う?迷った時の選び方

バチェラーデートも東カレデート、どちらを使うべきか迷った場合は次のように選びましょう。

いいねやメッセージのやり取りが面倒な人はバチェラーデート

相手を探していいねをしたり、メッセージのやり取りが面倒だと感じる方は、バチェラーデートがおすすめです。

マッチングしてメッセージのやり取りを続けても、結局、デートまでたどり着けなかった場合には、その時間む無駄になってしまいますよね。

バチェラーデートならデートの希望日を登録しておけば、AIが自動的にデート相手を確定させてくれるので効率的です。

バチェラーデート

相手の顔写真が見て自分で選びたい人は東カレデート

一方、やはりこれまでのマッチングアプリ同様に、相手の顔写真を見て選びたいという人は東カレンダー一択になります。

マッチングアプリの中でも、ここまでのハイスペック層が登録しているマッチングサービスは東カレデート以外にはありません。

ただ、注意点としては、地方の田舎は登録者数が少なくなってしまうので、なるべく人口の多いエリアの人が対象になる人が活用したいところですね。

東カレデート