結婚できない

警備員が結婚できない理由は?出会いがない男性におすすめの婚活手段

警備員の仕事をしていても出会いがない…

このまま一生独り身かも…

と不安を抱えている人は決してあなた一人ではありません。

警備員の男性の独身率は高く、この先結婚できるのだろうかと悩んでいる人も少なくはありません。

ではなぜ警備員の男性は結婚できない人が多いのでしょうか。

結婚相談所の婚活カウンセラーとして働いてきた経験の中で分かった警備員で結婚できない理由や警備員の人なら取り入れたい婚活手段について、元婚活カウンセラーの視点からまとめてみました。

本気で女性と出会って結婚したいと願っている人だけ読んでみてくださいね。

警備員が結婚できない理由は?

仕事の拘束時間が長くプライベートな時間が少ない

警備員は、勤務時間が長く指定された時間は必ず現場にいなければいけないということが必要になってくる仕事です。

警備員の多くが時間で給料が決まってくることが多いので、勤務時間が長ければ長いほど給料も増えるためなるべくなら長時間の勤務をしようと考えます。

そのため、現場にいる時間がどうしても長くプライベートな時間が少なくなってしまい、そのおかげで女性との出会う時間を持てないという人も多いようです。

さらに、現場によっては夜勤があったりとどうしても不規則な生活が続き、昼夜逆転生活が続くというような人もいて、休みの日はとにかく自分の体調を優先させてしまう生活になるのも無理はありません。

男性ばかりの職場環境のため

警備員は男性ばかりの職場になるので、職場恋愛ということが起こりにくいところがあります。

一般企業に勤める人の多くが会社で出会い・恋愛結婚をする人が多い中で、警備員の場合にはそれがありません。

外へと出会いを求めていかなければ、女性との接点も皆無に等しいため独身の人が多い理由の一つになっています。

真面目で恋愛経験が少ない人も多い

警備員は外へと出会いを求めていかなければ女性との出会いがないにも関わらず、なかなか婚活へと踏み出せない方も多いようですね。

根が真面目で女性との恋愛経験が少なく、どう女性にアプローチをすればいいのか分からずにそのままズルズルと独り身を過ごす人もいるのです。

一生独身のまま警備員を続けていきたくないとどこかの時点で奮起しなければ、結婚に至ることはないと心得ておきたいところです。

給料が安い・安定していないという職業イメージ

とはいえ、警備員の職業に対しての女性のイメージは決していいものではありません。

男性の多くが女性に対して、若さを求める傾向が強い反面、女性の場合は男性に年収などの経済的な部分で相手を判断することが多くなるからです。

警備員の平均年収は、正社員でも約350万円ほどと言われているので、サラリーマンの平均年収よりも低くなっています。

また、常に仕事があるとも限らないので不安定で安定していないという職業イメージが付きまといます。

こうしたことが影響して女性からモテるとは言いにくい職業にはなってしまうのです。

さらには、女性とお付き合いをしても、警備員であることが理由で付き合った相手の親から反対に合ってしまうケースも少なくはない職業でもあるのです。

警備員が結婚するために利用したい婚活手段は?

婚活パーティー

婚活パーティーは、参加費数千円で参加ができるものも多く、各地で開催されていることから利用しやすい婚活手段です。

警備の仕事が忙しくても休みの日をうまく利用して参加していきたいところです。

婚活パーティーなら一度で多くの女性と出会えることができるので効率的ですし、確実に女性との接点を増やしていくことが可能です。

ただし、婚活パーティーは一度で多くの女性と出会えるものの、大勢の人を相手に自分をアピールしたり自分を選んでもらうということが恋愛テクニックも必要になってきます。

婚活パーティーでカップリングしてようやくスタートラインになってくるので、警備員でも大勢の女性との会話も慣れているという人がおすすめです。

婚活アプリ

大勢の女性と出会うのが苦手という人には、婚活アプリがいいでしょう。

婚活アプリも月々数千円~で利用できるものもあり、お互いの条件があった相手とメッセージを直接やり取りをして1対1で合う約束ができるものです。

婚活アプリなら相手とじっくり会話をして知ることもできることから、婚活パーティーのようなところがどうしても苦手という人にも始めやすい婚活方法になっています。

婚活パーティー同様に、お互いの都合の良い日時を調整すれば、プライベートの時間が少ない警備員でも利用しやすいですよ。

自治体の出会いサポートセンター

さらに、自治体が行っている婚活支援の一つで各地の出会いサポートセンターなどに登録をして、お見合いをするという方法もあります。

自治体によって異なりますが、年間12000円程度で登録ができ結婚相談所のようなお見合いをすることができるところもあります。

詳しくはこちらのページでご確認いただきたいところですが、金銭的にあまりお金をかけたくないという人や地元の女性と出会いたいという人にはこちらの方がいいかもしれません。

https://sara-kon.com/category/local-marriage-support/

結婚相談所

恋愛経験自体が少なくどうしても自分で婚活を進めていくことが苦手という人には、結婚相談所を使ってのお見合いがいいでしょう。

自治体の出会いサポートセンターでは、登録者はまだまだ少なく民間の結婚相談所ほどの登録者を抱えているわけではありません。

結婚相談所なら男女合わせて5万人以上の会員数をかかえているようなところもあるので、自分の好みの女性を見つけることもできますよ。

結婚相談所でも仲人型の相談所であれば、婚活カウンセラーがあなたのお見合いのサポートをしてくれたりアドバイスやフォローをしてくれるので、どうやって女性と付き合っていけばいいのか分からない人はうってつけの方法ですね。

無料でお相手診断してもらえる!楽天オーネット結婚チャンステスト

楽天オーネットは業界最大級の会員数50,041名(男性28,381名 女性21,660名)を誇る結婚相談所です。

結婚したい理想の相手の条件やあなた自身のことを入力すれば、あなたにぴったりのお相手を無料で診断してもらうことができますよ。

あくまでも無料診断テストなので入会申し込みではなく、費用がかかるようなことは一切ありません。

結婚に焦りがあるという方や理想の相手が結婚相談所で見つかるのか実際に試してみたいという方は無料診断を受けてみてくださいね。

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

無料結婚チャンステストを受けてみる