パートナーエージェント

パートナーエージェントの地方利用は不利?地方の婚活成功の秘訣

パートナーエージェントを地方で利用する場合には、実際のところどうなの?気になっている人も多いかもしれません。

私自身、これまで婚活カウンセラーをしていた身からお伝えできることとしては、地方在住者の婚活はそう容易ではありません。

どのエリアかによっても変わってきますが、人口の少ないエリアに住んでいる場合には、それなりの婚活のやり方をしていかなければなかなか成婚に至ることが難しい場合もあります。

ここでは、パートナーエージェントを地方の人が利用する場合に押さえておきたいことや成婚に繋げる秘訣、パートナーエージェントが地方の方におすすめな理由についてもまとめてみました。

途中、現実的な厳しいこともお伝えしていくことになりますが、入会した後に思っていたのと違った…ということがないようにしっかりとチェックしておいてくださいね。

パートナーエージェントの地方利用は不利?押さえておきたい婚活の現実

冒頭にもお伝えしましたが、パートナーエージェントに限らず、地方の人が結婚相談所を使って婚活をすることは容易なことではありません。

地元の人の登録者は当然少ないと心得ておく

パートナーエージェントに入会したなら、地元の独身相手が見つかると思っているとそれは間違いです。

地方でもかなりの田舎で人口の少ないエリアなら、パートナーエージェントに登録をしてもほとんど地元の人が見つからないというようなケースも当然ながら出てきます。

少ない地元の会員の中から、さらに自分の条件に合った人を選んでいくとなると当然、その後の婚活も苦労することは明らかではありますよね。

会員の多くは近場の人から条件に合った人を探す傾向にある

あなた自身にも相手に望む条件があるように、当然相手側にも希望の条件というものがありますよね。

結婚相談所に登録をしている会員の多くは、まずは自分の近隣に住んでいる人の中から自分の条件に合った人がいないかを探していくことになるので、人口の多い都会の人がわざわざ遠方に住んでいる地方の人を選ぶということはあまりありません。

遠距離でのお見合いはハードルが上がりやすい

もちろん、会員の中には遠方であっても地方の人を条件が合うから選ぶという人も中にはいます。

ただし、遠方であればあるほど距離があるため、お見合いのためにかける時間も交通費がかかってくることからもお見合いのハードル自体は上がりやすくなります。

一度、お見合いが成立した後にキャンセルをしてしまうと、当然相手がいることなのでキャンセル料もかかってくることになるので、よりいっそう地方の人とのお見合いは慎重になってしまいやすいことが多いのです。

パートナーエージェントを使って婚活を成功させる秘訣

だからといって、決して地方の人がパートナーエージェントを使っても相手が見つからないということではありません。

当然、婚活でも不利な場所に住んでいる地方の人でもパートナーエージェントを通して成婚に至っている人もいますから、しっかりとポイントを押さえておくことが必要になてtきます。

地元以外の都会の人もターゲットにすること

相手への希望の条件は、できるだけ広げていくことが基本です。

当然、地元の人だけを相手にするのであれば、なかなか厳しいことが予想されるので、できるだけ都会の人、全国の人をターゲットに対象者を広げるようにしましょう。

全国の人を対象にすることでお相手の数は格段に増えますから、地元だけに絞って婚活をするよりも圧倒的にメリットが大きくなります。

お見合いのオファーを多く出すこと

条件に合う人がいれば、まずはできるだけたくさんのお見合いのオファーをあなた自身からするようにしましょう。

地方の人がどれだけ待っていても、向こうからオファーが来るということはあまり多くはありません。

自分から積極的に相手にオファーを出し、地方に住んでいるあなたと実際に会ってみたいと思ってくれる人をまずは探すことが必要です。

マッチングすればとにかく会ってみることが大切

とにかくマッチングをすれば、実際に会っていくとを前提にしておくといいでしょう。

この人と会ってもどうなんだろう…と思いながらも実際に会ってみるとすごくいい人だった!というようなことはよくあります。

遠方だから気が引ける…と遠慮してしまうのではなく、まずは会ってみてその後を判断するという心意気が大切ですね。

こまめな連絡を取りながら相手との関係を築くこと

お見合いをした後に交際がスタートしたとしても、遠距離である以上こまめな連絡が大切になってきます。

まめな連絡を意識して相手と連絡をとりながら、関係を築いていくことが必要なのであらかじめ意識しておくといいでしょう。

パートナーエージェントが地方の人でもおすすめな理由

最後に、パートナーエージェントを地方の人が利用するのにおすすめな理由もチェックしておきましょう。

会員数の多い結婚相談所で可能性が広がる!

パートナーエージェントの純会員数は、11,508名いるのですが、それにあわせて会員数約5,5万人をかかえるコネクトシップと呼ばれるプラットフォームにも加盟しています。

ここからの紹介も受けられるので、婚活の可能性を大いに広げていくことが可能になっていますよ。

入会から1年以内の交際率92,6%

パートナーエージェント出しているデータによると、入会から1年以内の会員の交際率が92,6%と非常に高い数字になっているようです。

ここでの交際とは、お見合いの申し込みをして双方がYESになった状態のことを指すのですが、ほとんどの会員が入会後お見合いを成立させているということになります。

また、パートナーエージェントでは、3か月以内に出会いがなければ、登録料の全額返金保証を設けています。

コースは一番スタンダードなコンシェルジュコースに限定されていますが、支払った登録料が全額返金されるので万が一の時にも安心ですね。

地方の中でも本当に田舎に住んでいる方にとってみれば、相手が見つかるのか不安な人が多いのが当然なので、こうした制度があるコースを選んでおくとなお安心かもしれません。

専任のコンシェルジュが手厚いサポートをしてくれる

パートナーエージェントでは、入会後に成婚コンシェルジュが担当制であなたに一人つくので手厚いサポートが受けることができます。

データマッチングでの紹介もありますが、コンシェルジュがあなたの性格や人柄をみて合いそうな人を選んで紹介してくれるといったこともしているので、地方の人にとってはありがたいサポートになっています。

地方の人でもできるだけ近隣にいる条件に合った人から紹介してくれるので、その後の婚活もスムーズです。

条件だけで地方の人がなるべくはじかれてしまわないように、こうしたサポート体制がある相談所を利用しておくことは必須条件ですね。

業界No、1の成婚率を誇っている

最後に、パートナーエージェントの売りは、なんといっても成婚率の高さで27、2%もあります。

これは結婚相談所の中でもNo、1の実績を誇っているのですが、コンシェルジュのサポートがあるからこそ成し遂げられていると考えてもいいところでしょう。

せっかく相談所に入るなら結果が出やすいところで婚活をしたいと思うなら、成婚率NO、1を誇るパートナーエージェント以外にはありません。

地方の人は地方ならではのやり方で婚活を進めていけば、きっとあなたにも結婚のチャンスが巡ってくるはずですよ。

3年連続業界No,1!結果重視で選ぶならパートナーエージェント

新規入会者を獲得する以上に、入会後の成婚率にこだわりを持っているのがパートナーエージェントです専任コンシェルジュによる徹底したサポートがあるので、婚活にやや不安がある人でも安心。まずは、資料請求か無料相談を受けてみて自分に合うのかチェックしてみましょう。

無料カウンセリングの予約をしてみる