マッチドットコム

マッチドットコムの料金は?半額クーポンで安く有料会員になる方法

マッチドットコムは男性も女性も有料の珍しいマッチングアプリですが、お得に割引クーポンを入手して有料会員にならないと損します!

ここでは、マッチドットコムを半額で利用できる割引クーポンの入手方法、有料会員・無料会員との違いや料金を確認していきましょう。

【2024年超穴場】新しいマッチングアプリおすすめ19選!新しいマッチングアプリはライバルも少なくなるので実はものすごく穴場!ただ、新規参入で新しくできたマッチングアプリも数か月で消えていく…というようなマッチングアプリ戦国時代でもあります。そんな厳しい中でもおすすめできる「新しいマッチングアプリ」を一挙にご紹介していきます。...

マッチドットコムの半額クーポン入手方法は?使い方は?

マッチドットコムのクーポンの半額クーポンを入手するには、

無料会員になって半額クーポンがメールで届くのを待つ!

たったこれだけでお得に半額クーポンを入手して有料会員になれます。

マッチドットコムでは、無料会員として登録をしておくと、その後、1~2週間くらい経つと30%OFFで有料会員にいなれるクーポンが公式からメールで送られてきます。

30%OFFでも十分有難いですが、その後、もうしばらく待つと半額クーポンが届きます!

半額クーポンも不定期ではありますが、月に何度か来ることもあります。

半額クーポンが届いたらメールに添付されているクーポンをクリック、公式へ遷移して、料金が半額になっているのを確認して有料会員になりましょう。

運営側が決めていることなので、半額クーポンがいつ届くのか、絶対にその後も届くと断言はできませんが、マッチドットコムのクーポンは配布を待てば安くお得に有料会員になることはできるでしょう。

このキャンペーンが終了した!と噂も出ていますが、今でも不定期で公式から送られてきているので今のところ終了もしていません。

マッチドットコムの料金は?有料会員・無料会員の違い

マッチドットコムの通常時の料金と、有料会員・無料会員とででできる事の違いを見ていきましょう。

マッチドットコムの無料会員でできることは?

マッチドットコムでは、男性も女性も無料会員のままだと実際に会うまではたどりつけません。

無料会員でできることと有料会員とでできることの違いはこちらの表で確認してみましょう。

無料会員有料会員
写真掲載
プロフィール検索
いいね送信
デイリーマッチを受け取る
メッセージ送信×
メッセージの開封×
メッセージの返信×
足跡をみる×
相手からの「いいね」を見る×
実際に会う×

無料会員でもプロフィール検索をしていいね!を送ったり、あなたの希望に合いそうな人を優先的に紹介してくれるデイリーマッチを受け取ったりすることもできます。

ただ、マッチングしてもメッセージを開封したり、送信をしたりということができないので、実際に会うまでたどり着くことができません。

無料会員になってどんな異性が会員としてマッチドットコムを利用しているのかを見てみたり、どな男性・女性レベルがいるのかチェックをしてみるのが良さそうです。

実際に、会ってみたいと思う人がいた時にメールに届いているクーポンを使って有料会員になるのが一番損のないやり方ですね。

クーポンも月に複数回届いていることが多いので、必要だと思った時に有料会員に移行しましょう。

マッチドットコムの有料会員の料金

マッチドットコムの無料会員では、実際に出会うまではいけないということが分かったところで、有料会員の料金を確認しておきましょう。

男性も女性も下記のとおりの料金になり、有料会員になれば実際に出会うまでのすべての機能を使うことができます。

スタンダードプレミアムプラン
1か月4,490円なし
3か月3,990円4,240円
6カ月2,790円2,990円
12カ月1,690円1,940円

※料金が改訂される場合もあるため、必ず事前に公式サイトにてお確かめください。

半額クーポンを利用すれば、上記の金額が半額になるのでさらにお得になりますねん。

スタンダードプランとプレミアムプランがありますが、プレミアムプランになると

  • プロフィール優先掲載
  • メッセージの開封確認
  • 検索結果にプロフィールが表示されやすくなる

なるといった機能がスタンダードに追加されます。

個人的にはスタンダードで十分という気もしますが、しっかり上記の機能もつけておきたい人は半額クーポンを使ってプレミアムプランへの登録もアリですね。

いずれにしても、マッチドットコムを利用するなら無料会員になっておいて、後から届く半額クーポンを待って入会するのが一番お得です!

マッチドットコムの料金の支払い方法

支払い方法は下記の3つがあります。

  1. Apple ID
  2. クレジットカード
  3. ペイパル
関連記事