結婚できない

ホテルマンが結婚できない理由は?出会いがない人におすすめ婚活手段

このままでホテルマンを続けていても、結婚できないかも…。

特に、今はコロナの時代で旅行業界が大きなダメージを受けていることからも、仕事自体が不安定といった見られ方をしてしまいます。

ホテルマンをしている人の中には、このまま結婚できなかったらどうしよう…と不安に思っている人も少なくはありません。

結婚相談所で婚活カウンセラーとして働いてきましたが、男女問わずホテルで働く人たちの中には結婚ができない焦りから相談に来られる方も少なくありませんでした。

ではなぜホテルマンをしている男女には結婚できない独身者が多いのでしょうか。

数多くの結婚を望むホテルマンのご相談に応じてきた中で分かったホテルマンが結婚できない理由についてまとめてみました。

また、忙しいホテルマンでも結婚にたどり着くための婚活方法もご紹介しているので、本気で結婚に繋がる相手を見つけたいと思っている方だけ最後まで目を通してみてくださいね。

ホテルマンが結婚できない理由は?

給料が安いので結婚に踏み切れない

ホテルマンの男性で多いのは、給料が安いのでなかなか結婚に踏み切れないというタイプの人です。

ホテルマンの平均年収は、350万円前後と言われていることからもサラリーマンの平均年収440万円にも届かない年収です。

そのため、自分ひとりで女性を養っていくことに不安があり、なかなか結婚に踏み出せずにずるずると結婚できずにいる男性はすごく多いですね。

役職がついたりしてようやく平均年収くらいになる人も多いので、将来的な不安から現状にとどまってしまうというところがあるのかもしれません。

経済的に不安視されやすい

冒頭でもお伝えしましたが、コロナの影響によってホテル業界は大打撃を受けています。

今後、コロナの時代が終わったとしても旅行や観光業界は景気の影響や感染症の流行などに影響を受けやすいといった見方はされていくでしょう。

特に、女性は男性に対して経済力を求める傾向が強いので、経済的に不安視される部分は出てくることもありますね。

不規則な生活から出会う時間がない

男女問わず、ホテルマンの仕事はシフト勤務で勤務先によっては夜勤もある仕事になります。

世間がお休みの時に忙しくなる仕事のため、カレンダー通りで働く一般企業の人たちともなかなか時間も合いません。

多くの男女が土日や祝日で遊ぶ中、仕事が忙しくなってしまうのでなかなか出会いの機会も少なくなってしまうところは否定できません。

体力勝負・精神力勝負な仕事から休みの日はただ休むだけ…

ホテルマンの仕事は不規則である上に、見た目以上に体力的にもハードな仕事です。

どこの部署に配属されているかにもよりますが、宴会部一つとってみても会場のセッティングでも力仕事な仕事です。

また、お客様からクレームを受けてしまった場合には、精神的なダメージも受けてしまうこともあるでしょう。

そうしたことからただただ仕事で消耗して、休みの日は自分の身体と心を休ませるだけという人も多く婚活自体に踏み出さなかったという人は多いですね。

結婚後の生活がイメージできない

女性の多くが結婚後に子供を産んだ場合に、共働きで続けていくことが想像できないという人も多いですね。

不規則である以上、結婚をすると仕事を変えた方がいいと思う女性も多く、そうしたことも結婚から遠ざかってしまう要因となってしまっていることがあります。

実は、ホテルマンの離婚率は高いといわれることもあり、結婚後に不規則な生活があだとなってすれ違いから結婚生活が破綻してしまう家庭もなくはありません。

ホテルの仕事を続けながらの結婚生活がイメージできず、自然と結婚を避けてきたところ適齢期を逃してしまったという女性もいました。

職場で恋愛対象になる人がいないのに外へと出会いを求めなかった

ホテル業界では、意外とホテルマン同士で職場恋愛から結婚に発展する人も少なくはないのですが、職場で恋愛対象になるような人がそもそもいなかったという人は多いですね。

それにも関わらず、自分から外へと出会いを求めてこなかったという人は、結婚適齢期になってようやく焦るという人も多いです。

出会いがないといいながら何も行動をしてこなかったという人は、男女ともに婚期が遅れてしまうことが多いのでなるべく早く婚活に踏み出すようにしたいところです。

出会いがないホテルマンにおすすめの婚活方法は?

では、出会いがないホテルマンにおすすめの婚活方法は何があるのでしょうか。

友人・知人に紹介を求めること

まず、今すぐできることとしては、あなたの周りの友人や知人にいい人がいれば紹介してほしいということを伝えることです。

あなた自身が今フリーで誰もいないということは、常日ごろからアピールしておくようにしたいですね。

友人や知人からの紹介は、あなた自身の性格などを理解した上で紹介してくれるので安心ですし、うまくいけばとんとん拍子にいくこともあるからです。

ただし、友人・知人からの紹介の場合は、断るときにお互い断りにくいといったところはデメリットかもしれませんね。

婚活パーティーに参加して出会いの数を広げる

積極的に行動できる人は、婚活パーティーに参加して出会いの数を広げるようにしたいところです。

平日開催のものもあったりするので、自分の休みの日に予定を入れ込む形で参加すれば、問題なく参加もできるようになりますし、一度で多くの異性との出会いが望めます。

ただし、お互いにマッチングしない限りはそこから発展することはないので、異性に自分をアピールする会話力は必要不可欠です。

異性との会話に自信がある人は積極的に参加して相手を探していきたところですね。

ちなみに、ホテルマンでも女性が参加する場合は、男性の中には結婚を考えずにただ彼女だけがほしいという人もいたり、遊び目的で既婚者が紛れ込んでいたりもするので十分注意して参加するようにしましょう。

婚活アプリで1対1の出会い

婚活アプリも確実に出会いのある婚活手段になります。

婚活パーティーとは違って、自分の条件に合った人をアプリ上で探してお互いがよければメッセージを送りあうことができます。

1対1で合う約束をすることができ、お互いのことをじっくりと知っていくことが可能です。

婚活パーティーのように1度に大勢の人を相手にすることが苦手な人は、婚活アプリで1対1の出会いから結婚相手を見つけていきたいところですね。

ただ、婚活パーティー同様に女性が利用する場合には、遊び目的な人も多く利用しているので十分気を付けて男性を見抜くようにしたいところです。

結婚相談所が実は一番効率的

婚活パーティーやアプリとは違って結婚相談所では、男女ともに独身証明書の提出が必要になってくることから、真面目に結婚を考えている男女しか利用していません。

そのため、出会いから結婚までのスピードも早く、半年以内に結婚するカップルも少なくありません。

今はやりの婚活アプリでは確実に異性との出会いはあっても、そこから結婚に至る可能性は1~2%程度と言われていのですが、結婚相談所の場合には、それが20%以上にまで上がります。

目的が結婚相手を見つけて結婚することなのであれば、できるだけ早く結婚相談所も使って婚活をするようにしていきたいところです。

大きなお金がかかると思われがちですが、結婚相談所も選び方次第ではコスパのいいところも増えてきています。

とにかく早く結婚したいと思っている方はできるだけ早く取り入れていきましょう。

無料でお相手診断してもらえる!楽天オーネット結婚チャンステスト

楽天オーネットは業界最大級の会員数50,041名(男性28,381名 女性21,660名)を誇る結婚相談所です。

結婚したい理想の相手の条件やあなた自身のことを入力すれば、あなたにぴったりのお相手を無料で診断してもらうことができますよ。

あくまでも無料診断テストなので入会申し込みではなく、費用がかかるようなことは一切ありません。

結婚に焦りがあるという方や理想の相手が結婚相談所で見つかるのか実際に試してみたいという方は無料診断を受けてみてくださいね。

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

無料結婚チャンステストを受けてみる