婚活攻略ガイド

好きでもない人と会うのが苦痛!乗り越えて婚活を成功させる秘訣

婚活をしているけれど、好きでもない人と会うのが苦痛…。

好きでもない人と会っているだけで、

  • どうして自分は時間を使ってこの人に会っているんだろうか…
  • こんなことをしている場合じゃないのに…

とかって思っていませんか。

こんな気持ちで婚活を続けていても恐らく、いいご縁が巡ってくることはあまりないでしょう。

なぜなら、あなたが苦痛に感じている時点で相手もあなたのことを好きになることがほぼないからです。

好きでもない人と会うのが苦痛…と感じる時期であれば、婚活自体をストップした方がいい場合も。

ここでは、好きでもない人と会うのが苦痛な原因を掘り下げて、どうすれば苦痛を乗り越えていいご縁とめぐり合えるのかについて具体的なステップを見ていきましょう。

好きでもない人と会うのが苦痛になる原因は?

そもそも好きでもない人と会うのが苦痛になるのはどのようなことが原因からでしょうか。

好きでもない相手に愛想を振りまくのが正直辛いエン

好きでもない相手と会ったとしても、そもそも好きではないからこそ相手に気を遣って愛想をふりまくことも少なくはないですよね。

無理して笑って、無理して会話して時間を使っても、相手のことを好きになれない…。

そんな相手との時間を長時間すごしたあげく、家に帰ったらLINEがきてやり取りをしたり…。

家に帰ってからも自分って一体何してるんだろう…とドット疲れてしまうのも無理もありません。

それを繰り返していると、好きでもない相手と出会っては愛想を振りまき続ける自分は一体何なんだろう…と落ち込んでしまうこともあるでおしゅ。

好きでもない相手に興味をもてない

好きでもない相手だから質問をして相手の事を知るのも、相手に興味を持つのもしんどいので会話自体が苦痛でしかなくなりますよね。

婚活で他人と出会えば、まずは相手がどういう人なのかを知っていけないことからも、相手と会話しなければ何も始まりません。

  • お決まりの趣味は?
  • 休日何して過ごす?
  • お仕事は忙しい?

正直、好きでもない相手に聞かれても答えたくないですし、好きでも相手に名に聞いてんだろ…と思うのも当然。

婚活を続けていたら好きという感情がないからこそ、相手に興味を持つことができずに会話自体が苦痛に感じてしまうこともたくさんあるのです。

相手への興味よりも先に条件が気になる

婚活ってどうしても相手がどういう条件かを気にしてしまいがち。

マッチングアプリにしろ、婚活パーティーにしろ相手の条件ありきで選んでいくからこそ、条件ありきで出会いを求めていくのがスタートになります。

だからこそ、相手の学歴や年収、勤め先…などそんなことが気になって、その人への興味以前にまずは条件面が合っているかどうかを気にしてしまいがち。

少しでも自分が望んでいない条件があれば、条件で人をジャッジしてしまうことも…。

条件に合わない人であれば、いくら話をしていても興味が持てないということもあるかもしれませんね。

好きでもない人と会う苦痛を乗り越えるためには?

では、好きでもない人と会うのが苦痛ならどうすれば乗り越えて婚活を続けていくことができるのでしょうか。

そもそも好きにならなくていい

大前提として相手のことを好きにならなくちゃ、好きになりたいと思わなくていいということです。

いいご縁を見つけなきゃ!早く結婚したい!こう感じている時って、どうしてもご縁が遠ざかってしまいがち。

もちろん、出会いを求めて行動していくことは必要ですが、好きにならなくてはという精神で相手と出会うことであなた自身の婚活はどんどんしんどくなっていきます。

好きでもない人と会うことを苦痛に感じている方は、相手を好きにならなくてもいいというスタンスで一度は会いに行ってみてください。

人間観察のつもりで婚活をする

次に、マッチングアプリなり、婚活パーティーなりで出会った相手とまた会うことになれば、人間観察をするつもりで出会いに行きましょう。

好きにならなくちゃ…とか、好きじゃないんだけど…と今の時点で考える必要は一切なし。

その考えで行動しても絶対に婚活がうまくいくことはありませんから、出会う相手はどんな人間だろうと人間観察のつもりで行くのがおすすめ。

こんな人もいるんだ。

前はこういうタイプだったけど、今回の人はタイプBだな。

といった具合に情報収集するつもりでOK!

そうすることで、あなたもできるだけ普段どおりの自然体で相手と接することができるようになるので婚活自体が苦痛にはなりません。

好きになってもらってから考えるでいい

正直、女性の場合、男性側から好きになってもらったり、アプローチされてから自分の気持ちが動くかどうかで交際するのを考える方がうまくいく確率が圧倒的に多いです。

私の周りでも女性側から積極的にアプローチをして交際して結婚に至ったというパターンは少ない。

特に、婚活をして結婚をした人は、男性からアプローチがあってとんとん拍子ということがほとんどですね。

相手のことを好きになろうとするからしんどいし、いい人に出会わなくちゃ!と意気込んで婚活をするから「好きでもない相手」としてレッテルを貼っては一緒にいる時間も苦痛になるのです。

そうではなくて、相手に好きになってもらえたら考えるくらいの気持ちで婚活を続けていく方がずっと精神衛生的にもいいですよ。

最後に

好きでもない人と会うのは誰でも苦痛ですし、婚活をするなら逃れることはできません。

でも、あなたの婚活で出会いを求めに行く前のスタンスを変えることによって苦痛もなくなります。

好きでもない人に会うのが苦痛!と感じた時は、あなたの出会う前のスタンスから一度かえてみてくださいね。