結婚できない

アパレル店員の独身女性は結婚できない?本気で結婚する為にしたい事

アパレル店員として働いているけど、出会いがない…

このまま結婚できないんじゃ…

と焦りを感じている独身女性の方も少なくはないのでしょうか。

私自身、結婚相談所の婚活カウンセラーとして働いていた経験があるのですが、アパレル販売んとして働く女性からの相談も少なくはありませんでした。

アパレル店員は、意外と女性の独身率が高い職業でもあります。

ではなぜ結婚できない独身女性が多いのでしょうか。

多くの婚活に悩むアパレル店員から相談を受けてきた結果から分かった「結婚できない理由」や、アパレル店員が結婚相手を最短で見つけて結婚する方法についてまとめてみました。

アパレル店員の独身女性が結婚できない理由は?

不規則な生活から婚活する余裕がない・タイミングが合わない

アパレル店員は、シフト勤務で土日祝日も基本的には出勤しなければいけない仕事です。

早番や遅番などもあって遅番の場合には、夜21時や22時くらいまで働くことも少なくなく、不規則な生活が続きがちです。

平日の休みを使って婚活をしようとしても、休みの日はただ休むだけ…ということになったり、婚活をしたくても周りの人たちは仕事をしているということも…。

ゴールデンウイークやお盆年末年始なども出勤になり、多くの一般企業に勤める男性たちとの出会いの数は各段に少なくなります。

一般企業に勤める会社員男性のほとんどがカレンダー通りに働く人たちと考えると、出会いの機会の少なささから独身率も高くなってしまいやすいところがあるのです。

平日に婚活ってなかなか難しい…。会社員と出会いたいけれど出会う機会が少ない…。

仕事が楽しくて気づくと結婚適齢期を逃していた

アパレルの販売の仕事自体が好きで、自分の好きなブランドで働くことができて仕事自体がが楽しいという人も少なくありません。

販売の仕事が楽しくて長年働いていることで店長になり、お店自体を任されているという方もいますよね。

でも、アパレルの仕事に没頭してきたあまりに、気づくと結婚適齢期を逃してしまっていたという人も実は多いのです。

結婚を意識し始めるのが世間一般的な女性よりも遅くなると、そのまま婚期も遅くなってしまうちうことはよくあるので注意しあちですね。

独身率が高いので安心感から結婚が遠のいてしまう

職場で働く人の多くが女性で、周りも独身者が多いといった人は特に気を付けたほうがいいですね。

自分より年上の独身者がいると、どうしても自分はまだ大丈夫、あの人だって独身なんだから…と思ってしまいがちです。

女性同士での同僚などとの付き合いも楽しく、いつも同じメンバーで遊んでばかりいるといつの間にか結婚適齢期が過ぎていたという人も多いですね。

同じ環境に独身者が多いことで普通よりも結婚に焦る時期が遅くなってしまうとこともあるので気を付けておいた方がいいでしょう。

女性同士で遊ぶのって楽しいから彼氏いらないって時期もありました。

結婚をすると仕事を辞めなければいけないという考える人が多い

アパレル販売の仕事に就いている人の多くが、結婚後、子供を産んでから子育てとの両立がしにくいというイメージを持っている人も少なくありません。

シフト勤務の仕事で旦那さんとの予定が合わせにくかったり、子供を産んで両立させていくとなると理解のある職場でないと続けることは相当難しいところです。

土日祝日も出勤が必要になってくるような会社であれば、どうしても旦那さんや自分の両親といったサポートが必要不可欠になります。

「結婚をする=仕事を辞める、あるいは、別の仕事を変えなければいけない」と考える人も多いため、結婚自体から自然と遠ざかってきたという独身女性の方もいましたね。

理想が高すぎ女性は身の程を知るところから

アパレル店員をしている女性の中には、男性に対して求める条件が高すぎるという方も中にはいます。

自分はさておき、男性に対して年齢、ルックス、学歴や身長、年収などかなりの条件を求めがちな人はやはり結婚からも遠ざかっていきやすいです。

婚活は相手ありきなのであなた自身も男性から当然のように選ばれなければ意味がありませんよね。

身の程を知らずに男性に多くのことを求めすぎるタイプの女性は、婚活をしても結婚相手が見つからないとうい人が多い印象です。

男性から持たれているイメージが遠ざけてしまうことも

アパレル店員で働く女性に対して、「お金がかかりそう、遊んでいそう、学歴が低そう」といったイメージを持つ男性も少なからずいます。

特に、高学歴の男性ほどこうしたイメージを持つこことが多く、そうしたイメージからアパレル販売員であることがネックになってしまうこともなくはありません。

こうしたイメージを持たれやすいということを逆手にとって、うまくギャップを使ってアピールできれば男性もいちころかもしれませんね。

アパレル店員が最短で結婚を決める方法は?

女性同士の付き合いをほどほどにして休みの日に婚活を集中させること

アパレルの仕事をしていると、どうしても職場の同僚や友人などの繋がりからの付き合いも増えますよね。

そうすると女性ばかりで群れやすく、休みの日も気づくといつも女性とばかりいるという人も少なくありません。

そうすると、ただでさえ少ない休みの日を婚活に費やす時間もなくなってしまいます。

なかなか一般企業に勤める男性とも予定が合わせずらいことからも、とにかくシフト勤務でも休みの日は婚活の予定を入れることを意識してみるといいでしょう。

それをしない限りは、今までと同じような状態が続くだけなので、今の環境を変えたい、結婚相手と巡り合いたいと考えているなら、今までとは違う行動をとってみるのもいいのではないでしょうか。

友人や知人に声掛けは忘れない

とにかく男性と接点を持つためには、友人や知人にあなた自身がフリーであること、誰かいい人がいれば紹介してほしいということは常々伝えておくことです。

どれだけ真剣にあなたが出会いがなくて悩んでいるのか、このまま結婚できないのではないかという焦りがあることを真剣に伝えるほうが紹介もしてくれやすくなりますよ。

「いい人がいたら紹介してね」くらいでは、なかなか友人や知人からすぐに紹介があるということはなかなかありません。

あなた自身の気持ちをまずはオープンにして思いを伝え、共感してくれた人があなたにきっと良い出会いをくれるはずです。

どんな時も周りにアピールすることを忘れずに、紹介をもらうことを心がけておいてくださいね。

婚活アプリ・婚活パーティーを活用して出会いを広げること

年齢を重ねていくと、徐々に紹介自体の数も減っていくところはあるので、婚活アプリや婚活パーティーを使って出会いを自ら求めていくことも必要です。

ただし、婚活アプリも婚活パーティーも必ず異性との出会いはありますが、相手が本当に独身者であるかどうか真剣に結婚を考えているのかどうかまでは分かりません。

ほぼ100%と異性との出会いはありますが、人を見る目がなかったり、男性に騙されやすいという体質の人は十分に注意して利用しないと逆に結婚から遠ざかってしまいます。

既婚者や遊び相手に騙されて何年もの貴重な適齢期の時期を失ってしまったという女性もたくさん見てきているので、そういう相手も利用しているということを前提に利用するようにしましょう。

効率が高いのは結婚相談所でのお見合い

実は、婚活アプリや婚活パーティーを使ってもなかなか良い結婚相手を見つけられない、真面目に結婚を考えて付き合えるような彼氏さえ見つからないという女性は多いです。

そんな女性の多くが結婚相談所を使ってお見合いをするのですが、人によっては半年以内に成婚退会する人も多い婚活手段です。

婚活業界内では、婚活アプリで結婚に至る確率は1%、高く見積もっても2%といわれていて、それが結婚相談所を利用することで20%以上に引き上げるということが可能になります。

まさに、婚活アプリに比べて10、20倍の可能性を上げられるのが結婚相談所でのお見合いです。

結婚相談所では、独身証明書などの提出からしっかり独身であることが保証されていますし、真面目に結婚を考えている独身男性しか利用していませんから、それだけ出会いから結婚までのスピードが速いのが特徴です。

なかなか普通の出会いで結婚前提のお付き合いは難しいところですが、結婚相談所ならそれが可能です。

将来のことを話し合ってお互いを思いあって結婚に向き合える時間になるので、忙しい中でも利用してみる価値はあると思います。

婚活アプリなどと比べると料金的にそれなりにかかってきますが、未来への投資と考えられるかどうかで変わってくるのではないでしょうか。

最近は比較的利用しやすい結婚相談所も増えていますから選び方次第でコスパのいい結婚相談所も見つけられますよ。

無料でお相手診断してもらえる!楽天オーネット結婚チャンステスト

楽天オーネットは業界最大級の会員数50,041名(男性28,381名 女性21,660名)を誇る結婚相談所です。

結婚したい理想の相手の条件やあなた自身のことを入力すれば、あなたにぴったりのお相手を無料で診断してもらうことができますよ。

あくまでも無料診断テストなので入会申し込みではなく、費用がかかるようなことは一切ありません。

結婚に焦りがあるという方や理想の相手が結婚相談所で見つかるのか実際に試してみたいという方は無料診断を受けてみてくださいね。

\あなたにぴったりのお相手を無料で診断できます/

無料結婚チャンステストを受けてみる